ハリウッドで名を上げた | コンブチャクレンズ効果ランキングCLUB~コンブチャ効果CAFE

alt_02

ハリウッドで名を上げた

世界が日本食ブームとなって久しいですが、近年のブームの一つに「コンブチャ」があります。海苔やわさび、抹茶などならまだしも、なぜ昆布茶なのでしょう。日本食ブームでもある今は、同時にアサイやチアシードなど健康食品ブームでもあります。コンブチャが美容によいと飲み始めたハリウッド女優たちから一気に広がったとされていますが、日本でも地味な飲物である昆布茶と美容は日本人にとってもそうピンと来るものではありません。
確かに流行しているのは「コンブチャ」で、アメリカではミネラルウォーターのようにボトルに入ったものがありますが、何と私たちのいう「昆布茶」とは別物であるということをまず知らなくてはなりません。原料は「紅茶」で、その中にキノコ菌株を入れたものなのです。これを発酵させ、加糖したのが「コンブチャ」なるものだったのです。だからといって、まがい物という訳ではありません。名前は紛らわしいのですが、その成分と発酵品であることからわかるように、新陳代謝を促し、抗酸化などデトックス効果がるとされています。実際にアメリカの「コンブチャ」はクレンジングドリンクとも記されているように、デトックス飲料として人気に火がついたのです。どんなお茶でもそのまま飲むものとする日本人にはとても理解し難いのですが、グリーンティーなどと同様に様々なフレーバーや甘みをつけて売られており、「健康飲料」にありがちな飲みにくいものではありません。パッケージのデザインからしてもおしゃれなドリンクという感じです。
「コンブチャ」が昆布茶ではないというのは、日本の食品ではなかったということでもあり、ちょっと残念な気もしますが、それでも「紅茶キノコ」が下手な英語名に変わった可能性もあると思えば「コンブチャ」であることは微妙に嬉しいものです。ところで、私たちのいう「昆布茶」に目を向けてみると、カフェインの心配もなく、細かく砕かれた昆布にはミネラルが豊富に含まれており、れっきとした優良ドリンクです。コレステロールや血圧を抑えるほか、食物繊維を含むことからも便秘解消にも役立ちそうです。但し塩分がありますので、飲み過ぎには注意したいところです。
「コンブチャ」に興味があるなら、一度は飲んでみるのもいいかもしれません。但し、くれぐれも日本の昆布茶とは似ても似つかぬものであるということを思い出して口にしましょう。昆布茶という文字と味覚が一致せず、何とも複雑な思いをしないように。

TOP