作り方について | コンブチャクレンズ効果ランキングCLUB~コンブチャ効果CAFE

alt_02

作り方について

海外セレブが愛飲している事から、日本でも一気に注目を集めた発酵飲料がコンブチャです
市販品が多く売られていますが、菌を手に入れる事が出来れば、手軽に作れる事でも人気となっています。

以前の名前は紅茶キノコ

現在、注目を集めるコンブチャは、以前、日本でも紅茶キノコという名前で流行をしました。
キノコのような見た目の種菌を紅茶と砂糖の中に漬けて作る為、その見た目から紅茶キノコの名前で呼ばれていました。
現在は、完成品が多く市販されており、作らなくても手軽に飲めるようになっていますが、種菌があれば、誰でも自宅で簡単に作る事が出来るようになっています。
少し前まで種菌の入手が難しい状態でしたが、今は通販で手軽に購入できるようになってきています。

作る為に必要なのは

実際にコンブチャを作る為に必要になってくるのは、種菌と紅茶、砂糖とこれらを入れる瓶です。
瓶は種菌を入れたり取り出したりする時に楽なように口が広い瓶がおすすめです。
コンブチャは菌を発酵させて作っていく為、菌が呼吸をする事が重要で、蓋をせず、瓶の口をガーゼ等で覆う形で使います。
ですから、作る瓶に蓋は必要ありません。
そんな瓶は、使う前に煮沸消毒、もしくはアルコール消毒しておく事が大切です。
準備が揃えば、紅茶を沸かしていきます。
紅茶は糖分が10%程度になるように砂糖を入れ、濃い目に煮出していきます。
そして、30度以下になるように冷まし、瓶に煮出した紅茶と種菌を入れ、準備は完了です。

発酵をさせて作る

瓶に紅茶と種菌を入れたら、上部をガーゼやペーパータオルで覆い、輪ゴムで止め、発酵させていきます。
夏場は数日から1週間程度で発酵し、冬場はもう少し時間がかかります。
紅茶の味が消え、酸味のある炭酸のような状態に変わっていたら、完成です。
完成をした後は、種菌と液体を分けていきます。
この時、最初に作った紅茶と同じ状態の紅茶を用意しておけば、その中に種菌と少しのコンブチャを混ぜる事で、また新しいコンブチャを作る事が出来ます。
発酵をさせていく間に、種菌は成長をしていきます。
その為、切って増やしていくという事も可能です。
種菌があり、正しい作り方を覚えていれば、何度でも手軽にコンブチャを作る事が出来ます

コンブチャは材料さえあれば自宅でも手軽に作れますが、自宅で作る場合、雑菌等が混じりやすくなってしまいます
ですから、少しでも不安を感じるのであれば、完成品の購入を考えておくと良いでしょう。

TOP